大江戸展

企画展概要

 葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》<前期展示> 東京富士美術館蔵 ©東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

会期 2018年03月24日(土) ~ 2018年05月27日(日)
前期:3月24日(土)~5月6日(日)
後期:5月9日(水)~5月27日(日)
※会期中展示替えがあります。5月7日(月)~8日(火)は展示替えのため休室します。
開館時間 10:00~20:00(最終入場は19:30)
休館日 4月9日(月)、5月14日(月)
会場 企画展示室

江戸時代を代表する名品の数々が集結!

東京富士美術館の所蔵品による、長崎だけの特別展。同館の誇るコレクションの中から、屏風、掛軸、浮世絵、工芸品など選りすぐりの名品約110点を前期約70点、後期約80点に分けて展示し、魅力あふれる江戸美術の世界をご紹介します。本物だけが持つ迫力をご堪能ください。

【見どころ 其の一】九州初公開! 鈴木其一の「風神雷神図襖」
俵屋宗達から尾形光琳、そして酒井抱一へと琳派の巨匠たちによって描き続けられてきた重要な画題である「風神雷神図」。今回、抱一の最も優れた弟子であり、江戸琳派の中でもその才能を高く評価されている鈴木其一が描いた襖絵を特別出展します。

【見どころ 其の二】“教科書で見た”逸品がズラリ!
東京オリンピックを控え、「日本の文化」を見つめ直す機運が高まる中、江戸時代に花開いたわが国固有の美意識を、屏風、襖絵、浮世絵、工芸品など、教科書で見るような逸品をずらりと展示し、お伝えします。

【見どころ 其の三】「北斎」と「広重」など 巨匠たちの豪華競演
浮世絵師の「葛飾北斎」と「歌川広重」、奇想派の「伊藤若冲」「曾我蕭白」など、前期と後期で各巨匠の作品を見比べることで、それぞれの個性の違いを感じることができます。

画像は全て、東京富士美術館蔵 ©東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

関連ホームページ

大江戸展特設サイトはこちら

ttps://www.nagasaki-np.co.jp/jigyo/oedo/